ベルベルスタイル

モロッコに出会ったYuriのインテリアブログ

ベルベルスタイル

モロッコに出会ったYuriのインテリアブログ

モロッコ旅行記(4)-シャウエン

f:id:dosukoichang:20190621103356j:plain

2018年10月2日

シャウエンは正式にはシェフシャウエン(chefchaouen)といいます。

 

街の青の理由は何でしょう?

諸説あるようですが、私たちがドライバーさんに聞いたところによると、近くの山で青の顔料がたくさん採れるからだそうです。昔から女性の働く部屋(炊事や洗濯など)を青く塗る風習があったようなのですが、外壁に塗ったところ観光客が増えて、今は街づくりの一環になっているようです。

 

わりと現実的な理由ですが、確かに、観光客が増えたら街は豊かになりますからね。策略通り?平日にもかかわらず日中はたくさんの人がいました。

 

シャウエンのシャッターチャンスは日帰り観光客が来る前の、早朝です。

前乗りしてきたからには、逃してはいけない!というわけで、朝食前の朝8時から散策スタート。日が差す前の青の色はひんやりと、しっとりとしています。

f:id:dosukoichang:20190621104352j:plain

f:id:dosukoichang:20190621103447j:plain

f:id:dosukoichang:20190621103524j:plain

f:id:dosukoichang:20190621103514j:plain

f:id:dosukoichang:20190621103411j:plain

どこを取っても絵になる〜😍

朝の散歩は静かで気持ちよかったです。青の色の効果か、涼しさも感じました。

f:id:dosukoichang:20190621104405j:plain

f:id:dosukoichang:20190621103544j:plain

f:id:dosukoichang:20190621105315j:plain

ねこもいっぱいいます。本当にいっぱいいます。

たいていのねこさんは玄関ドアのちょっとした段差の上にいます。

街の人たちもねこをとても可愛がっていて、足元にダンボールを敷いてあげたり、餌をあげたりしているのをたくさん見ました。ねこと一緒に暮らす街。いいですね〜

 

ぐるりと散策してひとまず朝ごはん!

f:id:dosukoichang:20190621110139j:plain

ロッコの朝ごはんは大体こんなかんじでした。

パンとジャムとオリーブとオレンジジュース。オレンジジュースはいつも搾りたてです。パンはたくさん種類があって、ホットケーキのような柔らかくて平たいパンがお気に入りだったのですが、こちらはベルベル人の伝統的なパンと言っていました。また先の話で写真お見せできるかもしれません。

f:id:dosukoichang:20190621110157j:plain

f:id:dosukoichang:20190621110207j:plain

今回のホテルはギリギリでスケジュール変更したのであまり選ぶ余地なしという感じだったのですが、可愛らしい素敵なホテルでした。ちゃんとリアド的な中庭があって、屋上は景色が良くて、オーナーさんも感じの良い方でした。

 

んー、好きです!この雰囲気!

 

http://www.booking.com/Share-pigNiN

ダル ガブリエル(シェフシャウエン)– 2019年 最新料金

 

正直、少し部屋は狭かったです。篭っていてちょっと下水の匂いがしました😞けどこんなところでめげてはいけない!これもまた旅!

 

ちなみに、リアドというのはモロッコで見られる伝統的な家のことで、「邸宅」や「庭」という意味のアラビア語なのですが、特徴は中庭があることです。中庭には噴水があって、素敵な照明が飾ってあったりして、外観からは想像できない優雅な空間なのです。

プライバシーなどの観点から、外観はドアのみというシンプルな作りになっていて、特徴となるものが少ないため特に旧市街は迷子になりやすいです。GPSでも拾えないところもしばしば・・・。でもそこも冒険心くすぐられます。

 

朝食をしっかり食べて、このあともっと色んなところ見て、たくさん写真撮るぞー!

 

というわけで、シャウエン散策の続きは次回〜

モロッコ旅行記 (3)-シャウエン-

2018年10月1日

f:id:dosukoichang:20190616135043j:plain

やってまいりましたアフリカ大陸✨

 

おぉ〜

なんか土と山って感じ。

 

カサブランカムハンマド5世国際空港にいよいよ着陸します。このときモロッコタイムでは15時半くらい。ムハンマド空港、思っていたより小さかったです。事前情報で、スリやタクシーのキャッチに気をつけましょう、という記事をネットで見ていたりしたので、びびりすぎて空港では写真撮りませんでした😂

でも確かに降りたら出口付近にタクシーがたくさん停まっていて、声を掛けられたりしました。予約していたドライバーさんと、この辺りで待ち合わせしていたのですが人が多くて見つけにくかったです。

f:id:dosukoichang:20190616135651j:plain

f:id:dosukoichang:20190616143547j:plain

無事、ドライバーさんと待ち合わせができて、いざシャウエンへ。5〜6時間くらいかかります。私は移動疲れでほとんど寝てしまいました。バスや列車だったら気を張っていないといけないところでしたが、ここがチャーター車のよいところですね〜🚙

全力でシャウエンを楽しむためのエネルギーチャージです🔥

 

途中、夕飯のためにレストランに寄ってくれました。

初モロッコ飯。シシカバブとモロッカンサラダ美味しかったです。

 

そんなこんなでついにシャウエン!

f:id:dosukoichang:20190616144344j:plain

f:id:dosukoichang:20190616144522j:plain

夜のシャウエン。夜の感じも素敵だ〜

 

この日は魚のマーケットがあったらしく、かなり魚臭が😳そして夜になると外に家庭ゴミを集めて出しておく習慣があるようで、町の人たちがちょうどゴミ出しに来ていました。

以外と若者は外でたむろっておしゃべりしていたり、写真で見ていたシャウエンとは違って、いきなり生活感が溢れている光景を目の当たりにすることになったのです。

これはこれで、実際に訪れることの醍醐味といいますか、生活の様子を見られるのも貴重な体験ですよね。

 

改めて写真を見返すと、どれも絵になるなぁと思います。

 

ゆるい壁のラインとか、ラフなタッチのペイントとか、いい意味できちっと整えられていない感じがたまらんです。

f:id:dosukoichang:20190616150509j:plain

ホテルの浴室も青でした。

床のオクタゴン&ドットなモノクロパターンも洒落ています。

f:id:dosukoichang:20190616150534j:plain

次の日は丸一日観光。シャウエンはいくつか有名なフォトスポットがあるようで、そのあたりをぜひ抑えていきたいところです。

日帰り観光客が増えない早朝が狙い目とのこと。

どきどき!

モロッコ旅行記 (2)

2018年10月1日

ドーハ、ハマド国際空港に到着しました。

f:id:dosukoichang:20190609173733j:plain

もにゃっとした巨大なクマのオブジェ。

何やら、ニューヨークを拠点とするアーティスト、ウルフ・フィッシャーという方の作品だそうです。タイトルは「無題(ランプ/クマ)」。

その名の通り、クマにランプが食い込んでいます。可愛いとも言い切れない、メッセージ性のありそうなオブジェです。

 

ハマド空港はとても広いです。時間に余裕がないとなかなかゆっくり見れなさそう。

f:id:dosukoichang:20190609173755j:plain

アラブっぽさがあるレストランや、

f:id:dosukoichang:20190609175500j:plain

子供が遊べる不思議なアスレチックもあります。

写真はありませんがゴールドショップもあり、どきどきしました✨

 

そしてここハマド空港のラウンジ。

f:id:dosukoichang:20190609173840j:plain

f:id:dosukoichang:20190610232952j:plain

ただただ広い。プールみたいなのがある(入ることはできない)。

奥の方にはレストランはもちろん、大部屋の仮眠室やテレビゲームができる部屋や、ワーキングルーム?や会議室などなどかなり充実していて、探検するのがとても楽しかったです。

f:id:dosukoichang:20190609173902j:plain

やはり食べ放題となると食べずにはいられない・・・。モロッコに行ったら、お腹を壊さないように気をつけなければと警戒していましたが、もはやこの時点でお腹ぐるぐるになっていました。笑

 

まだモロッコには程遠いぞ〜😂

 

f:id:dosukoichang:20190609173853j:plain

そしてここハマド空港のビジネスラウンジにはシャワールームもあります✨

日本人のブログなどでシャワールームの情報を沢山調べたのですがなかなか詳しい情報が得られず苦労していましたが、ちゃんとありました。受付してから30分ほど待ちますが、こんなに綺麗なシャワールームにたどり着けました。ちゃんと前室もあり、完全個室なところが落ち着きます。

ドライヤーもあるのですが、ハウスキーパーさんに声をかけなければ貸してもらえません。私はなかなかハウスキーパーさんが捕まえられず、髪の毛がビシャビシャなまま通路をうろうろしていましたが、無事ドライヤーをゲットすることができました。

 

こんな有意義な乗り継ぎ時間は初めてです😇

www.qatarairways.com

 

そんなこんなで、いよいよモロッコへの飛行機に乗り込みます!

ロッコでの観光ルートはこんな感じ⬇️

 

f:id:dosukoichang:20190622000216p:plain

 

カサブランカ着→シャウエン2泊→フェス2泊→ケラア・ムグーナ1泊→アイトベンハッドゥ経由→マラケシュ2泊>

 

帰りはカサブランカかからパリで1泊して成田まで、という感じでした。

とにかく回りたいところがありすぎて弾丸スケジュールになりました。観光地から観光地へは基本車移動でしたが、どこも遠すぎる・・・。下手すると半日くらいかかります。最初は CTMなどのバスを利用することを考えていましたが、一度移動に失敗したら取り返しがつかないので、確実に、車をチャーターすることにしました。

これが本当に正解でした。私たちが利用したのはラ・ノーリアトラベルさんです🌟

travels.noriagarden.com

日本語が話せるドライバーさんがいらっしゃったので、ずーっと安心して旅ができました。行きたいところがあれば寄り道してくれるし、トイレは必ず綺麗なところに連れていってくれるのはかなり助かりました。

ロッコに行こうと考えている方にはとてもおすすめです。ぜひ。

 

というわけで、初日からシャウエンというハイライトでございます。

続きはまた次回。

モロッコ旅行記 (1)

f:id:dosukoichang:20190609133317j:plain


新婚旅行で私はモロッコに出会いました。

きっかけはシャウエンが舞台になっていたCMを見たことです。何処に行こうかと話していたとき、ちょうど真っ青で可愛らしい町がTVに映っていて、あぁ、折角ならこんな感じの見たことのない世界に触れてみたいなぁとぼんやり見ていたのですが、調べるとそこはモロッコだということが分かりました。

 

ロッコ。それはインテリアがかわいい国!バブーシュにプーフにモザイクタイルに・・・😍

 

絶対行きたい!

 

というわけで、どきどきなアフリカへの旅に行ってきました。

 

2018年9月30日

成田空港からドーハを経由してモロッコへ。

ドーハまでは約11時間、ドーハからモロッコへは約9時間半です。

トランジットで6時間弱ドーハのハマド空港で過ごしたので、日本からモロッコへは26時間くらいかかりました。すごい遠い・・・!

行きはリッチな初のビジネスクラスで、新婚旅行気分は高潮です✨

折角なのでラウンジのレポートを。

f:id:dosukoichang:20190609142759j:plain

f:id:dosukoichang:20190609142649j:plain

 

中はこんな感じ。奥までたくさん席があってくつろげます。とりあえず色んな席に座ってみました。笑

仮眠スペースなどもありました。

f:id:dosukoichang:20190609145340j:plain

生ビールはもちろん、日本酒やワインなどが飲み放題!

f:id:dosukoichang:20190609145532j:plain

ビュッフェもあり、さっそく欲張ってしまいました。

2階がラウンジ、3階がダイニングになっているようです。

詳しくは公式ウェブサイトで。

www.jal.co.jp

 

この日は台風がちょうど直撃寸前で、他の便は欠航したりで離陸するか危ういところだったのですが、奇跡的に無事出発することができました。直前までひやひやしていましたが、本当に良かった😇

 

そして搭乗。カタール航空で行きました。

いきなりウェルカムドリンクのサービスがあり、完全に調子に乗ってしまいます。

f:id:dosukoichang:20190609150619j:plain

シャンパンを頂きました✨

ふつうにグラスで出てくるってすごいですよね。

f:id:dosukoichang:20190609152149j:plain

f:id:dosukoichang:20190609152136j:plain

ドリンクやら食事が乗っているメニューを渡されて、好きな時に好きなだけ?楽しめます。ちなみにこれは朝食で、シリアルとヨーグルトです。なんだか洒落てます。

 

次はドーハのハマド国際空港から。